医療費控除は難しい❓

こんにちわ🍁

 

エスカ歯科・矯正歯科です🦷

 

皆さん、歯列矯正の費用って高いですよね💦

値段が原因でなかなか歯列矯正に踏み込めない方も多いと思います。

歯列矯正は歯医者の自費メニューの中でもかなり高いんです。

そして保険適応外です❗️

しかしそんな矯正治療も実は国から補助金が出るのです☺️

それが「医療費控除」です

これは保険が効かない高額な医療費に対して申請すれば国が還付金としてお金を戻してくれる制度になります🙌

 

医療費控除について簡単にお話しさせて頂きます🧸

 

1医療費控除とは

自分自身や家族のために、その年の1月1日から12月31日までの1年間に支払った医療費が10万以上の場合、一定の金額の所得控除を受けることができる制度です。

申告し忘れても過去5年間までさかのぼり申告することが可能です。

 

2医療費に含まれるもの

歯科では審美治療にかかった費用やインプラント、矯正装置料も含まれます。また通院にかかった費用(公共交通機関利用の料金)や当クリニック以外の医療機関に支払った医療費やご家族の医療費も合算することができます。(生計が同一の場合)

マイカーでのガソリン代は対象外になります。

必ず領収書が必要となります。

 

3どのような手続きが必要になるか?

医療費控除は確定申告の時期に税務署にて申告が必要です。(通年3月15日締め切り)この時期を逃してしまうと申請は来年になってしまいます。

 

4申告に必要な持ち物

・還付申告する年の給与所得の源泉徴収票

・還付申告する年の医療費のレシート、領収書、交通費のメモ

・保険金で補填された場合、それがわかるもの

・申告する本人の口座番号(還付金を振り込む口座。申告する本人の口座が必要。)

・印鑑

 

5いくら戻るのか?

【医療費控除の計算式】

医療費控除額=医療費の合計-補填される金額-10万

総所得が200万未満は総所得金額の5%

【還付金の目安】

還付される所得税の目安=医療費控除額×所得税率

【所得税率】

195万以下=5% ~330万以下=10% ~695万以下=20% ~900万以下23% ~1800万以下=40%

 

6注意点

医療費控除を獲得するためには必ず領収書が必要になります。

医療費の領収書は基本再発行してくれません。

当院でも医療費の領収書は一切再発行しておりません。

 

 

医療費控除を利用すれば高額な矯正治療でも還付金が返ってくるのでお得に矯正治療をすることができます👏

 

当院では、矯正歯科無料相談を行なっております。矯正治療をされたほとんどの方が矯正をして良かったとおっしゃっています🌈

もし、悩んでる方がいらっしゃいましたら、是非、ご相談だけでもお越しください😉

 

****************************

 

医療法人 清翔会

エスカ歯科・矯正歯科

453-0015

愛知県名古屋市中村区椿町6-9

エスカ地下街

 052-452-1255 

 

 

エスカ歯科矯正歯科 Instagram

名古屋矯正歯科チャンネル(清翔会公式YouTube

https://www.youtube.com/channel/UCBMHkU2cvEppvq-Fj9wc3uQ

 

 

 

****************************

 

グループ医院のご紹介

エスカ歯科よりご予約に空きがございます。

転院をご希望の方は、一度ご希望の医院までご連絡くださいませ。

 

****************************

 

名駅アール歯科・矯正歯科

450-0002

愛知県名古屋市中村区名駅4-10-25

名駅IMAIビル11

 052-581-1051

【名駅ミッドランドすぐそば】

 

名古屋ウィズ歯科・矯正歯科

450-0002 

愛知県名古屋市中村区名駅2丁目44 

オーキトビル2F

名古屋駅徒歩2

 

名古屋ルミナス歯科・矯正歯科

454-0812

愛知県名古屋市中川区五月通2丁目38 黄金ステーションビル2  

黄金駅徒歩2分 

2022111日オープン

 

名古屋茶屋歯科・矯正歯科

455-0858

愛知県名古屋市港区西茶屋2丁目11 イオンモール名古屋茶屋1

 

 

岡崎エルエル歯科・矯正歯科

442-0201

愛知県岡崎市上和田町字南天白24

エルエルタウン館外

 0564-71-7357

 

葵デンタルデザインオフィス

461-0004

愛知県名古屋市東区葵1丁目17-14

エルブ葵2階

 052-982-8900

 

« 記事一覧にもどる