カウンセリング無料!ご予約・お問い合わせはこちらから。TEL 052-452-1255 平日 10:00~13:00/14:30~19:30 土日 10:00~13:00/14:00~18:00 休診日 日曜隔週・祝

WEB予約はこちら 24時間受付中、スマホからもOK

失った歯を取り戻す~インプラント・入れ歯~

HOME > 失った歯を取り戻す~インプラント・入れ歯~

歯を失ってしまったらなるべく早く治療しましょう

歯を失ってしまったらなるべく早く治療しましょう

虫歯や歯周病、外傷など歯を失う原因はさまざまあります。そのまま放置してしまうと、となりの歯が傾いてきたり咬み合っていた歯がのびてきたりして咬み合わせのバランスをくずすといった悪影響を及ぼします。お口全体の健康に悪影響を与えてしまう可能性が高まるのです。

歯を失ってしまったら、なるべく早く治療をすることが大切です。こちらのページでは、名古屋駅新幹線口徒歩1分の歯医者「エスカ歯科・矯正歯科」が、歯の機能を補う治療法についてご説明します。

歯が抜けたまま放置すると生じるリスクについて

歯を失ったままにしていると口腔内だけでなく全身の健康にも影響を与えかねません。なるべく早く治療しましょう。

口腔内への悪影響 全身への悪影響
  • 歯並びがくずれ、咬み合わせが乱れます
  • 咀嚼(そしゃく)のバランスがくずれ特定の歯に過度の負担がかかる場合があります
  • 汚れがたまりやすくなり虫歯や歯周病にかかるリスクが高まります
  • 空気がもれて発音が不明瞭になります
  • 顎関節への過度の負担により顎関節症にかかることがあります
  • 咬み合わせのバランスがくずれるので全身のバランスにも影響を与えます
  • 咀嚼がうまくいかなくなり消化器官に負担をかけてしまいます
  • 咀嚼で伝わる脳への刺激が減ることで老化が加速する可能性が高まります

患者様に合った治療方法をご提案します
~歯の機能を取り戻すための治療紹介~

歯の機能を補う治療法には、歴史が長くポピュラーな「入れ歯治療」、となりの歯を削って支台にして連結した人工歯を装着する「ブリッジ治療」、そして人工歯根を埋め込む「インプラント治療」があります。それぞれにメリット・デメリットがありますので、ドクターと相談してあなたに合った治療法を見つけましょう。名古屋駅新幹線口より徒歩1分のエスカ歯科・矯正歯科ではまわりの歯への負担が少ないインプラント治療と入れ歯治療をおすすめしています。

インプラント・入れ歯・ブリッジ治療のメリット・デメリット
インプラント治療
インプラント治療
入れ歯治療
インプラント治療
ブリッジ治療
インプラント治療
メリット
  • 天然歯に近い感覚で硬い物を咬むことができます
  • ほとんど違和感がありません
  • セラミック製などの人工歯を装着すれば見た目も自然できれいです
  • 周囲の歯に負担をかけません
  • 刺激が伝わるので顎の骨があまり痩せません
  • さまざまな症例に適用します
  • 治療期間が比較的短めです
  • 治療費が比較的安価です
  • 保険診療の入れ歯を選ぶことができ、比較的安価に、そして手軽に治療ができます
  • 違和感が少なめです
  • 使用する素材は限定されますが、保険診療も可能です
デメリット
  • 外科手術が必要です
  • 自費診療なので治療費が比較的高額です
  • 通院回数が多く治療期間が長期にわたります
  • ある程度の大きさがあるので装着時に違和感があります
  • 入れ歯の種類により硬い物が咬みにくいことがあります
  • 発音がしづらいことがあります
  • 経年により合わなくなるのでメインテナンスが必要です
  • となりの健康な歯を削らなければなりません
  • 支台の歯の寿命を縮めてしまいます
  • 歯が抜けた部分の顎の骨が痩せてしまいます

天然歯の感覚に近いのがインプラント治療です

天然歯の感覚に近いのがインプラント治療です

インプラント治療とは身体になじみやすいチタン製の人工歯根(インプラント)を歯があった場所の顎の骨に手術して埋め込み、その上にセラミック製の人工歯や特殊な入れ歯を装着して歯の機能を補う治療法です。歯科医療技術の進歩にともない、近年ではインプラント治療を受ける方が増えています。


インプラント1本と上部構造は28万円~ まずはお気軽にご相談ください

さまざまなニーズにお応えするエスカ歯科・矯正歯科のインプラント治療

より安全に、より痛みを抑えるように

より安全に、より痛みを抑えるように

より安全に、より痛みを抑えるように


当院ではより安全なインプラント治療をご提供するため歯科用CTを活用し診断の精度を高めています。その際にはi-CATシステムを導入し、インプラントを埋める理想の位置を確認して精密な診断につなげています。

またインプラントを埋入する手術の精度を高めるためのサージカルガイドやノーベルガイドの活用により、インプラントをどの位置にどこ角度にどの深さに埋入するかを診断通りに再現できるようにしています。ガイドの使用は手術時間の短縮にもつながります。

インプラント埋入のために顎の骨に穴を開けますが、その際に使用しているのがピエゾサージェリーです。精度が高く細かく早く作動するので切削能力が高く、痛みを抑えることにつながります。

手術回数を1回に~抜歯即時埋入~

手術回数を1回に~抜歯即時埋入~

通常のインプラント手術はまずインプラント体を顎の骨に埋め込み安定するまでの治癒期間を設けます。安定の確認後、インプラント体と上部構造をつなぐアバットメントを装着するための手術を行います。そのため2回の手術が必要です。

どんな手術でも回数が少ないほうが身体的な負担は軽くなります。通常は2回法でインプラントを埋め込みますが、顎の骨やお口の状態によっては1回の手術でアバットメントまで装着することも可能です。また抜歯をして直後にインプラントを埋入する方法もあります。精密検査により可能だと診断された場合は、より患者様の負担が少ない治療方法をご提案しています。


総入れ歯の方・多くの歯を失った方へ~All-on-4(オールオンフォー)~

手術回数を1回に~抜歯即時埋入~

歯をすべて失ってしまった場合、インプラント治療で歯の機能を回復させるためには、これまでは8~14本のインプラントを埋入する必要がありました。しかし今ではお口の状態により4本のインプラントで片顎のすべての人工歯を支えるAll-on-4(オールオンフォー)を選ぶことも可能です。インプラントの上にセラミック製などの人工歯を被せるのではなく、入れ歯のような人工歯で機能を補う方法です。しっかり安定するので通常の入れ歯よりもよく咬め、インプラントの本数が少ないので通常のインプラント治療よりも費用を抑えられます。


骨が少なくて他院でインプラント治療を断られてしまった方へ~骨再生療法~

インプラントを埋入するためには十分な顎の骨の量が必要です。足りない場合にはインプラント治療を断られる場合がありますが、そのような場合でも骨再生療法を併用するとインプラントの埋入が可能になることがあります。当院では骨再生療法にも対応していますので治療可能かもしれません。まずはご相談ください。骨再生療法にもいくつかの種類があります。

サイナスリフト

サイナスリフト

上顎の奥歯部分の骨の厚みがかなり少ない場合や多数の歯が失われているときに行う処置です。歯があった部分の側面から歯ぐきに穴を開けて骨補填材などを注入して骨の量や厚みを確保します。


ソケットリフト

ソケットリフト

上顎の上にある空洞を覆うサイナス膜を押し上げてスペースをつくり、そこに骨補填剤や移植骨を埋めて、骨の厚みを確保します。


GBR

GBR

骨再生誘導療法(GBR)は、歯周病などで失われた顎の骨の部位に人工骨や自分の骨(自家骨)を移植し、骨の再生を図る治療法です。


PRP

血小板血漿(PRP)はまず血液を採取し、特殊な遠心分離機にかけ治癒効果の高い血小板を濃縮させたPRPを自家骨と混ぜ、骨の欠損部位に移植する方法です。

≫ インプラント治療の費用についてはこちらをご覧ください


あなたに合った入れ歯治療を選びましょう

あなたに合った入れ歯治療を選びましょう

歴史が古い「入れ歯治療」は多くの方が受けている治療です。素材や作製方法に制限がありますが保険診療の入れ歯を選べば比較的安価に比較的手軽に治療が受けられます。ただ入れ歯には「見た目が悪い」「硬い物が咬めない」「外れやすい」などのイメージがあるかもしれません。しかしぴったり合っていて咬み合わせが整っている入れ歯はしっかり咬めるはずです。また最近ではさまざまな歯科材料が開発されていますので、機能性と見た目にご納得いただける入れ歯を選ぶことも可能です。


機能性+見た目を追求したエスカ歯科・矯正歯科の入れ歯治療

目立たずフィット感が高い~ノンクラスプデンチャー~

目立たずフィット感が高い~ノンクラスプデンチャー~

弾性のある特殊な素材でつくるノンクラスプデンチャーは名前のとおり金属のバネ(クラスプ)を使用しない部分入れ歯です。バネがないので残っている歯に負担をかけません。保険診療のレジンの入れ歯よりも薄く仕上がり、やわらかくフィット感があり比較的よく咬めます。金属を使わないので金属アレルギーの心配がありません。


メリット デメリット
  • バネがないので目立ちにくい義歯です
  • まわりの歯に負担をかけません
  • フィット感に優れています
  • 壊れにくく弾力性があります
  • 金属アレルギーの心配が不要です
  • お口の状態や残った歯や失った歯の部位により使用できないことがあります
  • 激しい温度変化に弱い素材です
  • 熱伝導性は金属床より劣ります
ずれにくく自然な見た目に~マグネットデンチャー~

ずれにくく自然な見た目に~マグネットデンチャー~

残っている歯根や埋め込んだインプラントと入れ歯の両側に磁石を取りつけ、磁力によって入れ歯を固定するのがマグネットデンチャーです。入れ歯の表面に金属が出ないので見た目が自然で、ずれにくく、しっかり固定します。


メリット デメリット
  • 磁力によってしっかり吸着するのでずれにくく比較的よく咬めます
  • 小さめにつくれるのであまり違和感がありません
  • 金属のバネがないので見た目が自然です
  • 金属アレルギーの心配があります
  • 磁石を埋め込むのでその部位から入れ歯が壊れることがあります
  • MRIなどの検査の際には外さなければなりません
薄くて違和感が少ない~金属床義歯~

薄くて違和感が少ない~金属床義歯~

床の部分を金属でつくる入れ歯です。薄くつくれるので違和感が少なめです。金属は熱伝導率が高いので、飲食物の温度を感じやすく味覚を楽しめます。


メリット デメリット
  • 保険診療の入れ歯より強く咬めます
  • ほとんどの症例に対応可能です
  • 強度が高く薄くつくれるので違和感を少し抑えられます
  • 食べ物の温度が伝わりやすいので味覚を助けます
  • 金属アレルギーの心配があります
  • 定期的な調整が必要です
  • 修理が難しい場合があります

≫ それぞれの入れ歯の費用についてはこちらをご覧ください

歯を失ってしまったらなるべく早く治療しましょう ご予約はこちらからどうぞ 名駅のエスカ歯科・矯正歯科(052-452-1255)

カウンセリング無料!ご予約・お問い合わせはこちらから。TEL 052-452-1255 平日 10:00~13:00/14:30~19:30 土日 10:00~13:00/14:00~18:00 休診日 日曜隔週・祝

WEB予約はこちら 24時間受付中、スマホからもOK